バイアグラの原料と日本におけるガイドライン

バイアグラに関しては日本ではガイドラインが設けられていてるので検査などをしないと処方を受けることが出来ないような仕組みになっています。しかしインターネットなどでは同じ原料で作られたジェネリック医薬品が多く販売されていることから、このようなガイドラインの存在意義に関しては賛否があります。バイアグラのガイドラインは安易な処方を防止するために作られたもので、高い効果が期待されるバイアグラの危険性に関して認識して、副作用などによる事故を減らすためにガイドラインが設定されています。インターネットで販売されているバイアグラと同じ原料の薬に関しては添付文書などをしっかりと確認してから服用することで副作用などを防ぐことができますが、同じ原料を使っているジェネリック医薬品はネット上でかなり多く出回っているので、勃起障害の治療のためにパートナーと共に診察を受けるなどの条件のあるガイドラインでは抑止効果にはなりにくいとされています。実際にバイアグラを服用して副作用が出るという割合はわずかですが、高血圧症や心臓病、血管に障害のある患者に関しては使用をすると血圧が急激に変化することがあるので、慎重に服用をする必要があります。また心臓が弱っている場合にはバイアグラを服用することで、体力の限界を超えてしまうこともあるので、医師による指導が必要な場合もあります。また勃起障害の検査方法は日本では確立されていないのが現状で、検査に使用する器具や道具に関しても明確に定められてはいません。医療機関の中には問診だけでバイアグラを処方している医師も存在しているので、危険性などに関してはあまり周知されていないまま多くの人に服用されているのが現状です。